ダイハツウェイクのエンジンや燃費性能、安全性能

ダイハツウェイクのエンジンや燃費性能、安全性能について

軽自動車の中でも人気のあるダイハツウェイク。
軽自動車と聞くとエンジンが弱いというイメージが強いのですが、
実際のところどうなのでしょうか?
ここではダイハツウェイクのエンジンや低燃費性能、価格などをご紹介しましょう。

 

ダイハツウェイクのエンジン

ダイハツウェイクの動力性能はL・SAで1000キロになります。
エンジン性能に関しては最高出力が52PS(6800rpm)で最大トルクが6.1kg-m(5200rpm)になります。
ターボの場合は、最高出力が64PS(6400rpm)、最大トルクが9.4kg-m(3200rpm)になります。
ダイハツウェイクは1リッターのノーマルエンジンに匹敵する性能を備えているので、
登り坂道でも力不足を感じることはありません。

 

ダイハツウェイクは走行安定性にも優れている

ダイハツウェイクは走行安定性にも優れていると評判です。
全高さが1800oもあるにも関わらず、ダイハツのタントをベースにしながら
ショックアブソーバーやボディの傾きを制御するシステムスタビライザーを改善したことによって
その走行安定性が向上しています。

 

後輪の接地性が確保されており、操舵の反応もよいのが特徴です。
ダイハツウェイクはボディの重心が高いのですが、スムーズに曲がるので運転のしやすさを実感できるでしょう。

 

ダイハツウェイクの燃費性能性は?

車を購入する上で燃費に非常に気になるポイントの1つと言えるでしょう。
ダイハツウェイクの燃費性はJC08 モードでFF(2WD)が
ノーマルエンジンは25.4km/L、ターボが23.8km/Lになり、高い低燃費性を実現しています。
これだけの低燃費が実現できれば魅力的に感じるユーザーも多いでしょう。

 

車内空間を広くしたダイハツウェイク

ダイハツウェイクの魅力はエンジンや低燃費性だけではありません。
背の高い軽自動車で車内は広く、快適性に優れています。
また後ろ席をたためば自転車など大きな荷物を積むこともできます。
背の高いボディーなので外観の存在感もあり、両側にスライドドアが装着しているので、
小さいお子さんがいるファミリー層にも人気があり、乗降性も向上しています。

 

また荷室は水洗い可能で、棚やネットなどを装着できるユーティリティーフックもついています。
またオプションにはなりますが、車中泊用のマットなどもありオプションパーツも多彩になっています。
ダイハツウェイクの価格は、ウェイクL・SAが156万円で、
時速30キロ以下で作動する衝突回避の機能が標準装備されています。

 

またサイドエアバッグ、LEDヘッドランプも搭載しているので安全性にも優れています。
軽自動車としてはそれほど価格は安くありませんが性能を考えるとかなりお得な自動車と言えるでしょう。