ダイハツウェイクの安全性

安心を向上させてくれるスマートアシスト制度とは?

ダイハツの中でも人気車種であるウェイク。ここではダイハツウェイクの安全性能について考えてみましょう。

 

ダイハツウェイクには衝突回避支援システムとしてすべてのダイハツウェイクにスマートアシスト制度を設けています。

まずダイハツウェイクはスマアシとして「衝突回避支援ブレーキ機能」があります。
従来のスマートアシストが広い車速域になり、先行車との危険性が高まった時には緊急ブレーキで減速して、
先行車との衝突を回避し、被害を最小限に抑えることができます。
もちろんすべての状況で緊急ブレーキが作動するわけではなく衝突を回避することができない場合もあります。

作動条件としては4〜50キロで走行中で、前方約20メートル以内に
車両があることをレーザーレーダーが探知している場合になります。

またダイハツウェイクには衝突警報機能と呼ばれる機能も備えられています。
これは対車両、対歩行者に対して行われるものであり、走行中に前方の車両、
歩行者を認識して、衝突の危険性があると判断した場合には、ブザー、メーター内表示で知らせてくれます。

 

車線逸脱警報機能もあるダイハツウェイク

ダイハツウェイクではその他に道路上の車線を認識して、車線から逸脱しそうになった時には
ドライバーに警報をして逸脱回避操作を促す車線逸脱警報機能もあります。
また先行車発進お知らせ機能といって、信号待ちなどで前の車が発進したことに気づいていない場合には、
メーター内表示とブザーでお知らせしてくれます。
様々な安全性能が搭載されているダイハツウェイクは魅力的な車種と言えるでしょう。

 

誤発進抑制制御機能

ダイハツウェイクには前方、後方ともに誤発進抑制制御機能と呼ばれる安全性能も搭載しています。

この機能は約10キロ以下で障害物を認識した時、踏み間違いを判定して
エンジン出力をブザーとエータ―内でお知らせてしてくれるものになります。

誤発進抑制制御機能が発動する条件としてはレーザーレーダーによって
前方に車両、壁などの障害物を探知しているときにシフトポジションを前進にしたまま
ブレーキペダルを間違えてアクセルペダルを踏み込んでしまった時に、急発進を抑制することできます。
たくさんの安全性能がついたダイハツウェイクですが、
安全性能が付いているので絶対に事故につながらないという考えになってはいけません。
それよりも大切なことは安全を意識した運転を日ごろから心がけておくことでしょう。