ダイハツ ウェイク 維持費

ダイハツ ウェイクの維持費ってどれくらいなの?

燃費を重視して自動車選びをしているという方も少なくありませんよね。
燃費の良い車ならばガソリン代を抑えることができるので、年間の維持費を節約できます。
また、気になる車があるものの維持費がどれくらいかかるか調べているという方も多いはず。

 

ダイハツの人気車種の一つにウェイクがあります。
新車価格は130万円を超えますが、大きめの軽自動車を探しているという方からも
選ばれている車種で、幅広い年代に人気があるようです。

 

ただ、車体が大きいということが燃費の悪さに繋がり、
最終的には維持費も高くなってしまうのではないかと購入を迷っている方もいるでしょう。

 

ですが、一般的な普通自動車に比べてもダイハツのウェイク十分な燃費性能だといえます。

 

ダイハツウェイクの維持費

維持費としては様々なものがかかりますが、まず自動車税です。

この点は節約することができないため、ウェイクの場合は自動車税は10800円、
重量税は3800円かかることになってしまいます。

 

それから、ガソリン代や自動車保険、メンテナンス代、車検代、点検代、駐車場代などがかかりますが、
これらは人によって金額が全く違うので、自分の場合は維持費がどれくらいになるかチェックしてみてはどうでしょうか。

 

維持費の中で節約できるものは?

税金関係は節約できませんが、その他の部分では節約が可能です。
例えば、できるだけ車で移動するのをやめ、自転車などを使うことでガソリン代を抑えることができます。

 

走る回数を減らすことによってメンテナンス代も抑えることができるため、
近所に出かける際には自転車や徒歩といった方法も選択してみてはどうでしょうか。

 

また、自動車保険を見直すというのもおすすめの方法です。
保険料は等級や年齢、保険内容など様々なポイントで大きく変わってきますが、
長年見直しをしていないと損をしている可能性があります。

 

昔契約したままずっと同じ保険に入っているという方も多いようですが、
大幅に維持費を節約するためには保険を見直すことが効果的なので、一度確認してみた方が良いですね。

 

他にはメンテナンス代を節約するという方法もあります。
普段あまりメンテナンスをしていない車は大きなトラブルに繋がりやすくなってしまい、
精密な検査や修理が必要になることもありますよね。

こういったことを避けるためにも定期的に検査やメンテナンスを行った方が良いでしょう。

 

車検も早めに予約を済ませておくことにより予約割引がきいたり、
値引き交渉もしやすくなるので、余裕をもって車検先を選ぶことをおすすめします。